名前入り商品、名前のPOEMEは、和歌・短歌で詠んだ作品です。

いつも当ブログをご覧くださり、誠に有難うございます。
依然として寒い日が続きますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

さて、検索ワードに「名前の歌」や「名前の詩」、「名前入りポエム」と入力して検索すると、
さまざまな商品がヒットしませんか?中には、可愛いイラストが入ったものや、色彩が美しく
魅力的な商品が多く、どれを選んだらいいのか悩ましいところですよね…。

「ひらがな」のお名前が入った「詩(ポエム)」をプレゼントしたいとお考えの場合、
個人的には「毛利達夫」氏が手がける「名前の詩」をオススメしたいと思います。

世界に唯一の詩(ポエム)には素敵なイラストが描かれ、老若男女を問わず、大変喜ばれる
プレゼントだと思います。

その他にも、ひらがなの名前が入った魅力的な「詩(ポエム)」の商品は多くありますので、
価格やサービス、贈るシチュエーション等を考慮しながら、最適なものを比較検討されては
いかがでしょうか?

もし、漢字のお名前からはじまる、五・七・五・七・七の「和歌(短歌)」を贈りたいとお考え
でしたら、是非とも当社の「ご尊名の歌」、「名前のPOEME」をご検討頂ければ幸甚です。

それでは、今日はこの辺で。

武将の名前で詠んだ歌が200首になりました。

今年の正月番組では「田原坂」が再放送されていましたね。

西郷隆盛(里見浩太朗、主演)の半生を描いた作品を見ておりました。また、懐かしい萬屋錦之介が
幕府軍側の勝海舟を演じていました。

1987製作のテレビドラマだそうで約30年前の、若かりし坂上忍が、菊次郎役で出ていました。

西郷隆盛は明治維新を迎えるに当り日本の歴史上、大きな役割を果たした人物です。

感動的なドラマで新年を迎えた訳ですが・・・

さて、観修京谷は、京泉と共にお正月も戦国武将の名前歌を詠み、日々の鍛錬に努めています。

これまでは安土桃山時代から江戸時代にかけての戦国武将の名前で詠んできましたが、200首を迎え
今回は、西郷隆盛さんで詠んでみました。名前入りの詩歌、歌額商品のイメージにご覧ください。
思いの外、画像が大きくなってしまいたした。(-“-;A …アセアセ💦

西郷隆盛、西郷隆盛さま、ご尊名の歌額です。

西東          にしひがし    
  郷に青雲         さとにせいうん     
    棚引きて         たなびきて   
 隆成る前途       りゅうなるぜんと   
   盛運の路          せいうんのみち

青雲の志を抱き、西は鹿児島から東京を中心とする新しい国家の明治維新を成し遂げました。
思いは隆なる前途を歩み、日本の盛運の路を切り拓くも、西郷隆盛さんは時代の波に飲み込まれてしまい
ました。私だけでなく、誰もがやるせなさを感じたことでしょう。